巨大企画会社が何だって… 割れた、東方神起の「放送の二極化」

▼愛のぽちをよろしくお願いいたします
東方神起人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

2011年1月12日分かれた東方神起「放送活動「差別一時歌謡界を占領していた5人組アイドルグループ東方神起。

「アジアの星」と呼ばれるほど大人気を享受しますが、2010年、所属事務所SMエンターテイメントと、いくつかのメンバーたちの紛争に分断ましたよ。ユノとチャンミンは東方神起に残っ、ジェジュン・ユチョン・ジュンス三メンバーは所属事務所を出てJYJという名前の新しいグループで活動を開始します。

それぞれの道を歩むことにした二つのグループ。両方の側の両方のヒットを打ったらよかっ思いますが。残念ながら2つのグループの放送関係者の待遇は大きく変わったとします。なぜでしょう?10年前のこの日、京郷新聞には「割れた東方神起放送活動差別」という記事が掲載されました。

一度両方のグループ音楽活動はよくやったと思われる。当時、東方神起の新しいアルバム<なぜ>はアルバム販売量集計チャートで1位を占めたね。JYJもアルバム「ザビギニング」が海外で50万枚のお取り寄せを記録し、ドラマ「成均館スキャンダル」OSTも大ヒットを騙さ。
問題は、放送出演でした。放送3社の主要音楽番組や各種芸能を縫う東方神起と異なり、JYJは(記事の表現通りなら)「顔のない歌手」になりました。<成均館スキャンダル>の演技者として出演したユチョンを除けば、他のメンバーは、ブラウン管に顔を出すこともほとんどなかったです。
理由は何でしょう?記事が引用した放送従事者と関係者は「巨大企画会社と放送局との間の力学関係に基づく顔色の表示」と口を集めました。大型企画会社が直接出て圧迫をしませんが、放送制作スタッフの立場では、どうしても「気づい」を見ないことはできない話です。大型企画会社らが所属した大衆文化芸術産業総連合会がJYJの活動を規制を要請する公文書を各放送局とレコード会社などに送ることもしたなんて、銀聯中出版物はすごくたのようです。

タイトルとURLをコピーしました