チャンミン、デビュー18年ぶりに成功最初DJ。

スポンサーリンク

ポチっとお願いします
人気ブログランキングへ

チャンミンが上手な進行でエイティーズを率い最初DJを正常に終えた。

22日放送されたMBC FM4U「正午の希望曲キム・シニョンです」では東方神起チャンミンがスペシャルDJとして出た中エイティーズホンジュン、山ゲストとして出演した。

この日チャンミンはデビュー18年ぶりにDJを務めたとし、 “正式にDJをするのは初めてだ。幼い頃からMBCラジオを聞いて育った世代だ。イ・スヨン先輩の「感性の時代」というラジオを聴いて育ったラジオの魅力を知った」とし、「1等のラジオである「ジョンヒ」のスペシャルDJを務めることになって光栄だ」と所感を伝えた。 続いて「とてもよくたいプレッシャーがあるが、リスナーの方々が歓迎し室という信頼に最善を尽くしてみる」とリスナーが「チャンディ」、「ミンディ」などDJ愛称をお勧めしよう」可愛く「ミンディ」と呼んでくれと”信じられない。感無量である。とても良く上手ようにする」と覚悟を固めた。 以来、チャンミンは、3・4部のコーナー」先生を仕え」でエイティーズホンジュンと山に会った。ホンジュンは「MBCラジオに出てきたのが初めて」と震え気味を見せた。 チャンミンは「エイティーズ方をお迎えしたいと個人的にお願いした。カスタム交渉をしてくださった製作陣に感謝申し上げる」とし「私お会いしたいとしたとき気持ちがどうだったか」と尋ねた。

メンバー8人のうちホンジュンと山に出演した理由を尋ねると、山”チャンミン先輩を見たかった基準を選ばれたようだ」と冗談を言った。チャンミンは”山さんはエキソカイ前の姿を見ているようだ。かっこいい」と賞賛した。

山「第ロールモデルである。感謝する」と照れながら会社オーディション当時エキソ「中毒」の振り付けを踊ったと述べた。これを聞いてチャンミンはホンジュンもいくつかの曲でオーディションをブワトニャゴ尋ねた。ホンジュンは「オーディションを見なかった」とし「ミックステープを用意し、会社に送った。会社のオーディションがない時だった。私が1号練習生だった。第ミックステープを廃棄処分しようと別に私置いたが、1年ぶりに発見し連絡をいただき、入ってくることになった」と説明した。

また「最初は作曲家が夢だった。でも、先輩たちが舞台の様子を見るとかっこよく、私の歌を歌う人になりたいという思いに歌手になった」とアイドルをすることになったきっかけを発表した。

山父の積極的な支持を介して歌手をすることになったと。山「両親や友人が「お前の歌上手」と言っていたよ。父が「何をしてたいか」という言葉に「勉強ではないようだ」とした。だから、休みの時、母と一緒にいくつかのコンサートを通った。そういえ父に「私の胸が躍る」と言ったら、その時から(歌手を)するよう言われた」と打ち明けて目を引いた。 学生時代好きだったアイドルにも調べる時間を持った。チャンミンは「神話先輩も好きで、

ホンジュンと山東方神起に対する愛情と敬意を表した。山「東方神起先輩の「注文」のミュージックビデオを見て、その年齢の時見てショックだった」と明らかにした。これを聞いて、チャンミンは「大きくなる上だ」と照れた。

ホンジュンは「私も(チャンミン先輩のように)チャン・ナラ先輩が好きし、東方神起先輩がすごく好きだった。私の父は、常に人気歌謡トップ5を示していただければ、常に東方神起先輩の歌があった。慣らさ聞い育った」と話した。 これチャンミンは東方神起を除いて、好きだった歌手を尋ねた。ホンジュンは「海外の歌手にはアヴリル・ラヴィーンとエミネムが好きだった」と答え、山”アイドルをわからなかった。バズ先輩の曲をたくさん聞いた」とした。 エイティーズの新しいアルバム「ゼロ:フィーバーパート2(ZERO:FEVER Part.2)」は、3月1日に発売される。 ホンジュンは「今までエイティーズがしたすべてのパフォーマンスの集合体とすることができる程度に最も華やかだ」と期待感を高めた。 また、山”一番難しい振り付けに属するようだ。終わったら息ができない休んなるほど」とし「「ワンダーランド」の1.25倍程度になるようだ”と耳打ちした。また、ハミングで新曲をスポ接触も。 チャンミンをはじめ、エイティーズを好きな形が多い。山エイティーズ人気の秘訣について「私聞くには、「私た舞台が何だってあの頑張ら」という言葉をたくさん聞いた。舞台の上で最善を尽くす姿が本気で近づくかなかったようだ」と告白した。