「義務的なストリーミングより、思い出した時に聴いていつでも好きでいてくれたら、僕は歌手として嬉しいしやり甲斐を感じる」ソロ活動の最後にそう言ったチャンミン。

▼愛のぽちをよろしくお願いいたします

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました