SMTで会場が一つになり大きな掛け声に包まれたミロと その舞台を完全に掌握し煽り立てるユノに、この時が重なって見えた。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました